少年野球のバット

■少年野球のバットの選び方

少年野球を始めるとバットが必要なり、購入検討する機会と思います。

「そんなとき、どのバットを買っていいのか分からない?」

ということもあるかも知れません。

また、クラブと違い体の成長に合わせて買い換えも必要かと思います。その際には、少年野球の規格に合った、そして自分に合ったバットを選んでください。今回はバットの選び方を紹介します。

■バットの長さ
バットの長さは、腕の付け根から指先までの長さを測って、その長さに1.3を掛けた数字が目安になります。例えば、腕の長さが60cmであれば、60 x 1.3 = 78cmとなり、78pくらいのバットを選べば良いでしょう。

■バットの重さ
野球用品店などでバットを握ってみましょう。バットの先を軽く振って、重さで腕や上半身の筋肉が張るようでしたら、少し軽めのバットを選びましょう。

■グリップの感触
金属製のバットは、木製バットのような材質の違いによるしっくり感は関係ありませんが、グリップを握ったときに、自分の手の平の中でしっかりと摘めるバットを選びましょう。

■バットのタイプ
短めでグリップが太いバットは、握力が少し足りなくとも、スウィングをした時に手首が返りにくいので、ミート率が上がり、短打狙いのバットです。逆に長めでグリップが短ければ、バットのヘッドの遠心力を使って長打が狙いやすいバットです。

他に、バットの種類ですが、金属性、ジャラルミン製、カーボン+グラス+ウレタン製、木製などがあります。自分の好みで選択しましょう。最近では、少年野球で木製のバットを使っている選手は殆ど見かけなくなりました。また、軟式、硬式用もあるので間違えないようにしましょう。

バットは自分の身長や筋力、バッティングのタイプから選びましょう。また、ミート中心の短打狙いのバッターは短めでグリップの太いバットが合います。中距離、長距離バッターは長めでグリップが細めのバットが合います。重いと感じるバットは購入しない方が良いでしょう。

また、少年野球チームの所属している連盟によって、ビヨンドマックスなどが使えない場合があります。所属している少年野球の試合使えるものを選びましょう。

赤星モデル【ZETT

赤星モデル【ZETT】
2007年モデル ゼット 少年軟式金属バット (赤星モデル) 【78cm/620g平均、80cm/630g平均】

人気プロモデルをφ68mm太径で展開。

▼小型タイカップグリップ
ZETT社プロスタッフの赤星選手や矢野選手、里崎選手のバットのように、グリップエンド部分の段差がない形状です。そのため握り易く振り抜き易く、そして手首を返し易いという特徴の少年野球選手達のためのバットです。

▼ポリウレタン製グリップテープ(厚さ1.0mm)
天然皮革ではでないソフトな感触をポリウレタン素材をつかって実現とています。

▼キャップ式小音加工
素材:アルミ合
カラー:ライトレッド(6300)
サイズ/重量:78cm/620g平均
80cm/630g平均
打球部:φ68.0mm
バランス:ミドルバランス
グリップ太さ:24.5mm
(グリップ端部より10cmをノギスで計測しました)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。